お腹(腸)を柔らかくて、居心地の良い自分に急速接近!

NZ初上陸!腸心セラピーとへそ按腹を使って

「本来の自分」「元気な私?」へ、急速接近しませんか。

実は私…

食の大切さを伝えながらも、20代では子宮内膜症、40代からは飛蚊症、虹視症、甲状腺機能低下等に悩まされていました。

不快な症状が増えることへの恐れ、生活の質悪化への不安、やり場のない怒り、薬を飲み続けることへの疑問。

この不快な症状を悪化させない為には、患者として医師の指示に従うことのみと、疲れた頭で思い込んでいました。

そこには「治してもらう」頼る気持ちのみ、「自分で治す」気持ちなし。

自分の身体なのに…どうしちゃったの私…とある時、思い始めました。

それから、治りたい!治したい!治る!と言う気持ちに意識が変わり…

「病を元から治す」事を目的に、西洋医学と代替療法等を組み合わせた統合医療のアプローを選択。

そこで、腸と心身の繋がりの大切さを知り、実感。

もちろん、腸を元気にする為に食生活を大幅に改善すると、複数の症状が同時に気にならなくなり、加えて副産物も授かりました。

あれっ、鼻呼吸がしやすくなってる!あれっ、声が枯れない!あれっ!整体やマッサージに行ってない!あれっ!最近口が爽やか!等、驚きの連続。

この経験から、「目指せ!腸美人&腸美男子」の活動を開始。

お腹(腸)の事を知れば知るほど、面白く、奥が深く、感動し続けています。

そして、各国の西洋・東洋医学の先生方、自己の病気からセラピーを開発した方々から、学び、今も学びの旅は続いていますtummy and heart

これらを楽しく続けていく中で、カレンダー通りの心身の変化はありますが、「元気な私?」を実感中です。

葛藤の四半世紀でしたが、そのお陰で、学べた事や人との出会いに感謝!

みなさんが、もっともっと楽に毎日を過ごせるように、「元気な私?」人口増加を願い、これからもお役に立てればと思っています。

自由で元気、そしてHappyな自分に再会してみませんか?

腸心セラピー

腸にたまった、つらい感情の記憶を流し、日常のストレスやトラウマの解消に特化した整腸セラピー

ことわざに「はらわた(腸)が煮えくり返る」「はらわた(腸)が千切れる」「腹の虫が収まらない」等お腹にに関係するものが多数あります。

それは人生の怒りや悲しみの感情はお腹(腸)に関係することを、昔の人は経験的に知っていたからです。

現代では腸は「第2の脳」とも言われています。

そして、脳の指令なしで活動できるとも言われています。

脳は出来事を覚え、腸はその喜怒哀楽を溜めこみます。

この精神的な緊張を腸が感じ取った結果、下痢・便秘・腹痛を体験された方も多いのではと思います。

この「腸と心」の関係に着目して開発されたのが、腸心セラピーです。

衣類の上から軽くお腹の硬くなった処に触れて、特別な方法で水のゆらぎ(波動)を使い、腸を本来の柔らかさの回復を助けます。

柔らかくなった腸は緊張を解消させていきます。その結果、腸に溜めこまれていた感情が消えていきます。

日本の統合医療クリニックでも正式に採用されています。

詳しくはこちらをご覧ください

へそ按腹(あんぷく)

日本古来の「按腹」

「按腹」という言葉を聞いたことがありますか?

「按腹」とは、日本古来の伝統医療で江戸時代には大変盛んに行われていました。従来の「按腹」は、お腹の中のコリをほぐすように指を押し込んで行われており、熟練した技術が必要でした。

これに対し<ヘソ按腹法>は、杉山按腹治療院の院長が自己治療の過程で「按腹」を元に発案されました。

皮膚表面を軽く刺激するだけで身体を甦らせることができ、誰にでも簡単に、そして安全に「自分の身体を自分で癒し、守っていく」ことを可能にしました。

自分の健康は自分で守るのが、へそ按腹の目的です。

万病の原因はへそを中心とした、お腹のコリ。手足は枝葉、根っこはお腹。

お腹を「はさむ」「つまむ」「さする」の手技を使い「ほぐし、柔らかく」することで、心身共に良い方向へ導かれます。

驚くことに、慢性の咳、首の痛み、肩こり、目の疲れや関節の痛み等の原因が、お腹に潜んでいる場合もあります。

詳しい情報はこちらをご覧ください


Trackbacks/Pingbacks

  1. 心身のバロメーターウンチについて | うま味ライフ - 2017年4月14日

    […] 大きな声では言えませんが、私は腸ブスだった時代があります。食のプロなのに~!という声が聞こえてきそうです。現在は不動の腸美人を維持すべく、身体の中(食)と外(へそ按腹と腸心セラピー)からのアプローチを日常生活に取り入れて、身体を張った実験にも励んでおります。はははっ:) […]

コメントを残す